更年期障害の原因と症状

知っておきたい更年期障害の原因と症状

更年期障害とは、閉経の前後にホルモンバランスが乱れることによって起きる体の不調で、代表的な症状としてのぼせ、ほてり、異常な発汗、情緒不安定などが挙げられます。女性なら誰にでも起こりうることですが、せめて出来るだけ軽い症状で済ませるためにはどうすればよいのでしょう。

更年期障害が起こる原因

更年期とは、閉経の前後の約10年間、45~55歳くらいまでのことを指します。そして、更年期にホルモンの乱れによって起こる様々な不調を更年期障害と呼びます。閉経前の40代半ば頃になると卵巣の機能が低下して、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が急激に減少します。

エストロゲンの分泌は脳の下垂体という部分がコントロールしていますが、この時期いくら下垂体がいくらエストロゲンを分泌するよう体に信号を出しても十分なエストロゲンが分泌されません。すると脳が混乱し、この混乱が原因で様々な体の不調が起こります。これが更年期障害と呼ばれるものです。

更年期障害の主な症状

更年期障害の症状は身体的なものから精神的なものまで多岐にわたりますが、人によって表れる症状の種類や程度には個人差があり、またストレスの多い人ほど症状が重くなる傾向があると言われています。

血管運動神経系

エストロゲン分泌の信号を出している脳下垂体は脳の視床下部という部分にあり、視床下部には血管の収縮や体の様々な器官の活動を調整する自律神経をコントロールする働きもあります。

そのためエストロゲンが分泌されなくなったことによって脳が混乱すると視床下部が影響を受け、自律神経も乱れます。自律神経が乱れると、ホットフラッシュと呼ばれる体のほてりやのぼせ、異常な発汗、あるいは逆に冷え性といった症状が表れます。

精神神経系

精神神経系の代表的な症状は幅広く、頭痛やめまい、うつ状態、不眠、判断力が低下したり物忘れが多くなったりする、いらいらして怒りっぽくなる、などです。それまで元気でよく動く人だったのが、急に体調を崩して寝たり起きたりを繰り返すようになった、穏やかな性格だった人がヒステリックになった…など、更年期にはよく聞かれる話です。

こうした症状は、血管運動神経系と同様にの自律神経の不調によるものに加えて、40代半ば~という年齢は子供の成長などによる生活の変化、親の介護などによる家族間の問題や仕事では責任ある立場になるなどストレスが増えることが多いのも影響しています。

運動器官系

エストロゲンが減少するとカルシウムが減少したり血液の循環が悪くなって酸素や栄養が不足し、肩こりや腰痛などの症状が起きやすくなります。また、倦怠感や疲労感を感じやすくなるのも運動器官系の症状です。

生殖器系

不正出血や生理不順などの症状が代表的です。また外性器や膣の粘膜が乾燥しやすくなり、痒みが出たり性交痛を感じる、性交時に出血するといったトラブルが起きることもあります。

更年期の症状を緩和するには

女性ホルモンによく似た構造と働きの成分としてよく知られているのが、大豆食品に含まれる大豆イソフラボンです。豆乳飲料や大豆イソフラボンを配合した化粧品などが一時期大ブームを巻き起こし、今ではすっかり女性の味方として定着しているのは記憶に新しいですね。

近年の研究で、大豆イソフラボンが腸内細菌によってより効果の高いエクオールという物質に変換され、これがエストロゲンと似た作用を持ち、更年期障害を緩和する効果があることが分かってきました。しかし、大豆イソフラボンをエクオールに変換するには腸内にエクオール産生菌を持っている必要があります。実はこのエクオール産生菌を持っているのは、日本人の50%程度しかいません。

そのため、更年期障害対策として大豆イソフラボンを摂っても必ずしもエクオールに変換出来ているとは限りません。更年期障害の緩和を目的とするなら、サプリメントなどで確実にエクオールを摂取するのがおすすめです。

エクオール検査(ソイチェック)とは

腸内にエクオール産生菌を持っているのは日本人の約50%。つまり、残りの50パーセントは大豆イソフラボンを摂ってもエクオールを作り出すことが出来ません。自分がエクオール産生菌を持っているかどうかを調べるには、エクオール検査(ソイチェック)という方法があります。

ネットなどで自宅で簡単に検査出来るキットが買えるので、エクオール検査をしてみたい場合は購入を検討してもよいかもしれません。

エクオール産生菌を持っている人と持っていない人の違い

エクオール産生菌を持っているか持っていないかの違いの原因の一つは、食生活とそれによる腸内環境の違いであると考えられています。日本人でエクオール産生菌を持っている人の割合は約50%というのは前述したとおりですが、欧米では20~30%程度と日本人より低い値になっており、逆に中国や台湾、韓国などでは日本と同程度かそれ以上の割合になっています。

これは、その国に大豆を食べる習慣があるかどうかが大きく影響しており、日本でも納豆嫌いが多いことで知られる関西では他の地域に比べてエクオール産生菌の保有者が少ないというデータもあります。また、食生活の欧米化が進んだ若い世代も保有者が少なくなっています。つまり体内のエクオール産生菌を増やすには、大豆食品を積極的に食べるのが最も手っ取り早い方法なのです。

しかし、そもそもエクオール産生菌を持っていなかったり、アレルギーなどの事情があって大豆食品が摂れない、あるいは食事よりもっと手軽に効率的にエクオールを直接補給したいという場合は、サプリメントを活用するという方法もあります。

更年期障害

更年期には太りやすくなる理由と効果的なダイエット方法

中年女性の悩みの種としてよく聞かれる「更年期」。具体的には45~55歳頃の閉経前後の10年間を指し、この時期は女性ホルモンの分泌が減少することによってホルモンバランスが崩れたり自律神経が乱れたりして更年期障害と呼ばれる心身の不調が起こることが多いのですが、それだけではなく太りやすくなり体型が大きく崩れることもあります。

エストロゲンの減少が更年期太りを招く

更年期に差しかかると、食習慣や生活習慣が変わったわけでもないのに何故か太りやすくなることがあります。これは、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減少することに原因があります。エストロゲンは主にバストやヒップに丸みを持たせ、女性らしい体のラインを作ったり、月経の終わりから排卵にかけて卵子が着床しやすいように子宮内膜を厚くするなど、女性の体には欠かせない機能を持っています。

それ以外にも脂質を代謝させたり満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防ぐという働きもあるのです。逆に言うとエストロゲンが減少すると、代謝が悪くなって体が脂肪を溜めこみ、また食欲を抑えにくくなって太りやすくなるというわけです。

エストロゲンが減少すると脂肪が増える?

エストロゲンには、脂肪細胞にあるリポ蛋白リパーゼという酵素の活動を抑える作用もあります。リポ蛋白リパーゼは血液中にある脂肪を細胞に取り込んで蓄積します。エストロゲンが十分に分泌されていれば必要以上に脂肪を取り込んだり溜めこんだりするのを防ぐことが出来ますが、更年期にエストロゲンの分泌が減少するとリポ蛋白リパーゼの働きを止めることが出来なくなり、脂肪を取り込む量が増えて太ってしまいます。

脂肪はつきやすく落ちにくい

更年期太りを解消しようとダイエットを始めても、なかなか体重が減らないことがあります。その理由の一つは、基礎代謝の低下にあります。基礎代謝とは、内臓を動かしたり体温を維持したりするために使われる、いわば何もしていなくても生きているだけで消費されるエネルギーのことです。

しかし、この基礎代謝は加齢に伴って低下してしまいます。そのため、摂取カロリーを減らしたり体を動かしたりしても、エネルギーの消費が小さすぎて効果が表れにくいのです。

更年期のダイエットの効果的な方法とは

更年期のダイエットのカギを握るのが「皮下脂肪」の存在です。皮下脂肪は皮膚の下につく脂肪で、分解されにくく落としにくいのが特徴がです。そのため、有酸素運動と無酸素運動の両方をバランスよく行い、時間をかけて攻めていく必要があります。

まず、有酸素運動についてご説明します。有酸素運動とは、比較的負荷が軽く長時間続けられるような運動のことです。取り組みやすい例としては、ウォーキングや水泳などがあります。有酸素運動で酸素をたくさん取り入れると、脳からアドレナリンというホルモンが分泌され、脂肪を燃やしてエネルギーを作る細胞を活性化させてくれます。

ただし、有酸素運動にはやりすぎると体に過剰な酸素が取り込まれ、老化の原因となる活性酸素が増えるというデメリットもあるため、適度な時間にとどめておきましょう。一般に、有酸素運動は一日トータル20分以上行えば効果が出るとされています。

次に、無酸素運動です。無酸素運動は短時間に強い負荷をかける運動のことで、いわゆる筋トレなどがこれにあたります。無酸素運動を行うと筋肉の量が増えて体温が上がり、基礎代謝が高まります。壁を使った腕立て伏せや椅子に座ったまま出来る腹筋運動など、普段筋トレをする習慣のない人でも簡単に出来る軽いメニューもたくさんあるので、毎日短時間からやってみるとよいでしょう。

厚労省「更年期障害」(外部サイト)

大塚製薬「メタボリックシンドローム本体は内臓脂肪の過剰蓄積」(外部サイト)

更年期の生理不順の原因と症状

一般に、更年期には生理不順が起こりやすいと言われています。しかし、生理不順には様々な原因が考えられるため、更年期のせいだと思っていた生理不順が実は別の理由によって起こっていることもありえます。ここでは更年期による生理不順とそれ以外の原因による生理不順の見分け方について解説します。

更年期に生理不順が起こるわけ

月経は、卵巣から分泌される女性ホルモンの働きによって卵子の着床に備えて子宮内膜が厚くなり、卵子が受精しなかった場合は子宮内膜がはがれて体外に排出されるというサイクルが一定の周期で繰り返されることで起こります。

更年期に差しかかり卵巣の働きが衰え女性ホルモンの分泌量が減少すると、月経をコントロールする力も衰えて月経の周期が乱れたり量が変化するいわゆる生理不順が起こります。

更年期による生理不順が起こってから閉経までの流れ

一口に更年期といっても、その期間は45~55歳頃までの約10年と長いため、生理不順の症状も時期によって異なります。一般的には、月経周期が以前より短くなる「頻発月経」が起こり、その後今度は周期が長くなる「稀発月経」が起こった後、まったく月経が来なくなるというというパターンが最も多いようです。そして、最後の月経から一年間月経が来なくなると「閉経」と判断されます。また、閉経までの間には周期の乱れだけでなく月経の期間や経血の量も変化することがあります。

様々な生理不順

生理不順は更年期以外の理由でも起こる可能性があり、様々な症状があります。以下にその代表的なものをまとめました。

頻発月経と稀発月経

月経の周期には個人差がありますが、一般的には25~38日周期が正常の範囲内とされており、それより短い24日以下の周期は頻発月経、逆に39日以上の周期は稀発月経の疑いがあります。まだ更年期という年齢ではないのに頻発月経の症状があるという人は、黄体機能不全の可能性があります。

黄体機能不全とはその名の通り、基礎体温を上げたり子宮内膜を厚くする働きのある黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンを分泌する黄体が正常に機能しない状態のことで、月経周期が乱れるだけでなく不妊や流産の原因となることもあるので注意が必要です。

過長月経と過短月経

正常な月経期間の目安は3~7日です。8日以上続く月経を過長月経、逆に2日以内で終わるものを過短月経と呼びます。過長月経の原因は、ホルモンの分泌異常や子宮筋腫の可能性が考えられます。ただし、全体の出血量が多くなければそれほど問題とされず単なる個人差と判断されることもあります。過短月経の場合は子宮の異常または甲状腺の病気の可能性があります。いずれにせよ、気になる時は一度病院にかかるとよいでしょう。

過多月経と過少月経

過多月経は出血量が異常に多く、血の塊が頻繁に混じったり出血が多すぎて貧血を起こすこともあるような状態を言い、出血の異常の他に腹痛や腰痛を伴うこともあります。過少月経はナプキンが必要ないほど出血が少ない状態のことを指します。過多月経は、子宮筋腫や子宮内膜症など子宮の病気が原因で起こる場合があります。一方の過少月経は、子宮の癒着やバセドウ病など甲状腺機能の異常といった原因が考えられます。また、過多月経と過少月経のどちらも長引く場合は無排卵性月経となっている可能性があります。

まとめ

生理不順には様々な症状がありますが、過長月経と過多月経は子宮の異常、過短月経と過少月経は甲状腺の異常が原因となっている可能性があります。思い当たる症状がある場合は、一度病院で診察を受けてみましょう。また、病院へ行く前に日頃から月経の周期や基礎体温の記録をつけて、自分の月経の状態についてきちんと把握しておくことも大切です。

更年期の生理不順への対策

生理不順には更年期を含め様々な原因があることが分かりました。では、自分の生理不順が間違いなく更年期によるものであると分かった場合には、どうすればその症状を緩和することが出来るのでしょうか。最初に述べた通り、更年期の生理不順は卵巣の機能が低下して女性ホルモンの分泌量が減ることによって起こります。ですから、女性ホルモンを補充して乱れたホルモンバランスを少しでも正常な状態に近付けてあげるのが最も有効な方法です。

女性ホルモンを補充する成分として最も有名なのは大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンは女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た構造を持ち、体の中でエストロゲンに代わって働いてくれます。さらに、イソフラボンがエクオール産生菌という腸内細菌によって変換されて出来るエクオールという成分は、イソフラボン以上に強い効果を発揮することが近年の研究で分かってきました。

しかし、残念なことにエクオール産生菌を持ち、エクオールを作りだすことが出来るのは日本人の2人に1人しかいないと言われています。自分がエクオール産生菌を持っているかどうかはエクオール検査(ソイチェック)という検査を受ければ知ることが出来ます。また、もしエクオール産生菌を持っていなくても、サプリメントなどを利用すれば直接摂ることも可能です。ですが、大豆イソフラボンやエクオールを摂取しても症状が和らがないという時には、無理に我慢したり自分だけで解決しようとせず、医師に相談して適切な治療を受けるようにしましょう。

?性のライフステージを考慮した健康づくり」(外部サイト)

更年期の女性必見!大豆イソフラボンの効果効能まとめ

2000年代の初め頃から更年期障害や美容をサポートする女性の味方として人気を集めるようになった大豆イソフラボン。雑誌やテレビの健康特集でその名前や効果を見たり聞いたりする機会も多いと思います。しかし、何故大豆イソフラボンが女性の健康によいのか、その仕組みをきちんと理解している人は意外に少ないのではないでしょうか。大豆イソフラボンのことをもっとよく知れば、より効果的に摂取出来ますよ。

なぜ大豆イソフラボンが更年期障害に効くのか

大豆イソフラボンの更年期障害対策効果について詳しく解説します。大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た構造と働きを持っています。閉経前後の更年期になると、卵巣の働きが低下してエストロゲンの分泌が低下します。すると脳はエストロゲン分泌の命令を出しますが、いくら命令しても分泌が行われないので、混乱をきたしてしまいます。

するとこの混乱が自律神経にも影響を与え、それによって心身を正常にコントロール出来なくなり、様々な不調が起こります。この不調がいわゆる更年期障害と呼ばれるものです。大豆イソフラボンを摂取すると、大豆イソフラボンが減少したエストロゲンの穴埋めをしてくれるので、更年期障害の症状が和らぐ可能性があります。

大豆イソフラボンの幅広い効果・効能

大豆イソフラボンには、更年期障害の症状緩和以外にも嬉しい効果がたくさんあります。

抗酸化作用

老化の原因となる体の酸化を防ぐ抗酸化作用。抗酸化作用とは、体内に発生する活性酸素という物質を抑える働きのことです。活性酸素は人間の吸った酸素から出来る化合物で、本来はウィルスなどの外敵から体を守るためのものですが、増えすぎると自分の体の細胞まで酸化させていわば体をサビた状態にしてしまい、老化の原因となります。

大豆イソフラボンに含まれるゲニステインという成分は活性酸素を抑制して体の酸化を食い止めてくれます。また、抗酸化作用は老化だけでなく動脈硬化の予防にも役立ちます。血液中のコレステロールや中性脂肪が酸化すると過酸化脂質というものに変化していわゆるドロドロ血になり、動脈硬化の原因になります。しかし、大豆イソフラボンの抗酸化作用があれば血液をサラサラの健康な状態に保てるというわけです。

骨粗しょう症

骨粗しょう症の予防効果。高齢女性がかかりやすい代表的な病気の一つとしてよく聞かれる骨粗しょう症。閉経後の女性は、骨密度が低下して骨粗しょう症リスクが急激に高まります。これも更年期障害と同じくエストロゲンの減少と密接な関係があります。

人間には古い骨を壊す細胞と新しい骨を作りだす細胞がありますが、エストロゲンが減少するとこの二つのバランスが崩れ、骨が作られるスピードを骨が壊れるスピードが上回り、そのせいで骨密度が低下しスカスカの骨になってしまうのです。大豆イソフラボンを摂取すると、エストロゲンの代わりに働いて骨密度の低下を防いでくれます。

美肌効果

エストロゲンには肌の弾力をキープするコラーゲンや水分を保持するヒアルロン酸を生成し、美しい肌を保つ働きもあります。逆に言うと、エストロゲンが不足すると肌の老化が進んで乾燥したりシワ、たるみが目立つようになってしまいます。加齢によるの衰えが気になったら、大豆イソフラボンでエストロゲンの働きを補いましょう。また、前述した抗酸化作用も、ストレスや紫外線のダメージによってコラーゲンが酸化して壊れるのを防ぎ、美肌を守る手助けをしてくれます。

大豆イソフラボンの効果のカギを握る腸内細菌

中にはいくら大豆イソフラボンを摂っても更年期障害がまったく軽減しないとか、健康効果を感じない人もいます。これは、その人の腸内環境と深い関係があります。大豆イソフラボンが十分な効果を発揮するには、大豆イソフラボンを構成する成分の一つであるダイゼインがエクオール産生菌という腸内細菌によってエクオールという物質に変換される必要があります。

しかし、エクオール産生菌は日本人の2人に1人しか持っていないと言われています。大豆イソフラボンの効果を感じられないのは、エクオール産生菌を持っていないせいかもしれません。自分がエクオール産生菌を持っているかどうかは、エクオール検査(ソイチェック)という方法で調べることが出来ます。エクオール検査は病院でも受けられますし、検査キットを自分で購入して行うことも可能です。

大豆イソフラボンが効いていない気がした時、大豆イソフラボンを摂る前に効くかどうか確かめたい時などは、一度調べてみてはいかがでしょうか。エクオール産生菌を持っていなかった場合でも、サプリメントを利用すれば体内に直接エクオールを取り入れられますよ。

更年期障害にオススメ!エクオールの効果効能まとめ

女性ホルモンに似た構造と働きを持つ大豆イソフラボンから作られ、大豆イソフラボンよりさらに高い効果を発揮する「スーパーイソフラボン」ことエクオール。そんなエクオールにの女性に嬉しい様々な効果をまとめました。

更年期障害の症状の緩和

更年期障害とは、閉経前後の45~55歳頃(更年期)の女性に起こる様々な心身の不調の総称です。更年期障害は、加齢によって女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が減少し、ホルモンのバランスが崩れることで脳が混乱したり自律神経が乱れて引き起こされます。

更年期障害の特に代表的な症状としてよく言われるのがホットフラッシュと呼ばれる体のほてりや肩こりの悪化ですが、エクオールはこのホットフラッシュや体のこりを和らげてくれます。

骨粗しょう症の予防

エストロゲンが減少すると、古い骨を壊す細胞と新しい骨を作る細胞のバランスがとれなくなり、骨密度が低下します。骨密度が著しく低下して骨がスカスカになってしまった状態が、骨粗しょう症です。

よく「高齢の女性は骨粗しょう症に注意」と言われますが、高齢の女性の骨粗しょう症リスクが高いのは、閉経を境にエストロゲンが急激に減少してしまうからです。仮に体内で分泌されるエストロゲンが減少しても、エクオールを摂取していればエクオールがエストロゲンの代わりに働き、骨密度の低下を防いでくれます。

美肌効果

女性ホルモンには、肌の水分を保持し、コラーゲンやエラスチンといった肌のハリや弾力を維持する成分を作る働きもあります。しかし、エストロゲンが減少するとこうした働きも弱まり、乾燥したシワ肌、たるみ肌になってしまいます。エクオールを摂って減少したエストロゲンの働きを補えば、肌を若返らせることが出来ます。

エクオールの原料は大豆イソフラボン

エクオールは、大豆イソフラボンが腸内細菌の一種であるエクオール産生菌によって変換されて作られます。大豆イソフラボンには「ダイゼイン」「グリシテイン」「ゲニステイン」という成分が含まれていますが、このうちのダイゼインがエクオールの原料になります。しかし、エクオール産生菌は誰もが持っているわけではありません。日本人でエクオール産生菌を持つのは全体の約50%とされています。自分がエクオール産生菌を持っているかどうかは、エクオール検査(ソイチェック)で調べることが出来ます。

エクオール検査を実施している病院はもちろん、ネット通販などで購入出来るキットを使って自宅で検査を行うことも可能です。具体的な方法は尿検査です。体内で作られたエクオールは最終的に尿といっしょに排出されるため、尿の中にエクオールが含まれていれば、腸内にエクオール産生菌がいるということになります。もしエクオール産生菌を持っていないことが分かった場合でも、サプリメントを利用すればエクオールを直接取り入れることが出来ます。

参考資料:「第2期中期計画暫定評価シート 説明用資料」7ページ

参考サイト: 閉経後女性の肌老化におけるnatural S-equol摂取の影響:無作為化プラセボ対照パイロット試験

安全性は大丈夫?エクオールの過剰摂取と副作用について

大豆イソフラボンブームの折に、女性ホルモンのエストロゲンと似た構造や働きの大豆イソフラボンを大量摂取しすぎると女性ホルモンが乱れるとか、発がん性があるなどという噂もあったのを覚えている人もいるかと思います。では、同じ大豆由来のエクオールはどうなのでしょう。やはり過剰摂取すると健康に悪影響があるのでしょうか。

エクオールの摂取上限

実は、2016年現在エクオールの摂取基準量は、厚生労働省による「日本人の食事摂取基準」では定められていません。そのため公式な目安量や上限量は不明ということになりますが、研究の結果によれば、エクオールは一日あたり10㎎摂れば更年期障害の症状緩和に効果が出るとされています。ですから、エクオールを摂取する際は10㎎摂れば十分と考えてよいでしょう。サプリメントからエクオールを摂取するならば、1日分で10㎎のエクオールを配合してあるものを選べば間違いありません。

大豆イソフラボンの種類と目安摂取量

エクオールは、そもそも腸内細菌によって大豆イソフラボンが変換されて出来るものです。大豆イソフラボンは豆腐や納豆といった大豆食品を食べることで摂取出来ますが、エクオールを10㎎作るには、どのくらいの量の大豆食品を食べればよいのでしょうか。エクオールを10㎎作るのに必要な大豆イソフラボンの量は、50㎎です。大豆イソフラボン50㎎を食品から摂ろうとすると、豆腐200g(1丁のおよそ2/3)、納豆50g(1パック程度)、豆乳200mlが必要です。

毎日続けようと思うと少し大変かもしれませんが、そんなに無茶な量でもありませんよね。しかし、エクオールを作りだすのは実はそう単純ではないのです。大豆イソフラボンにはアグリコン型とグリコシド型の2種類があり、アグリコン型は分子が小さく吸収されやすいがグリコシド型は分子が大きく吸収されにくいという特徴があります。そして、豆腐や納豆といった一般的な大豆食品に含まれる大豆イソフラボンのほとんどは吸収されにくいグリコシド型なのです。

一方のアグリコン型は味噌や醤油といった大豆を原料とする発酵食品に多く含まれています。しかし、味噌や醤油は塩分も多く含んでいるため摂りすぎればかえって健康を害してしまうかもしれません。ならばサプリメントで摂ればよいのでは?と思いますが、ここでも少し注意が必要です。

アグリコン型大豆イソフラボンの一日の摂取目安量

アグリコン型大豆イソフラボンの一日の摂取目安量は、内閣府の食品安全委員会(科学的知見に基づき客観的かつ中立公正に食品のリスク評価を行う専門機関)によって上限を1日70~75㎎と定められています。また、吸収率の高いサプリメントや特定栄養補助食品は、上乗せ摂取量として1日30mgまでとされています。臨床試験によって、大豆イソフラボンを摂取しすぎると子宮内膜症の発症リスクが高まったり月経周期が長くなるなどの影響が認められているので、この上限値は自分の健康のためにも必ず守らなければなりません。

どんな健康効果のある食品やサプリメントでも、度を超えれば毒にもなり得ます。大豆食品や大豆イソフラボンサプリメントは目安量を守って摂るようにしましょう。逆にいえば、適度な量を守ってさえいれば、過剰に心配する必要もありません。

妊娠中のエクオール摂取には注意が必要

大豆食品を食べることで作られるエクオール。本来は自分の体内で作られるものですし、その原料となる大豆食品の摂取量が目安を守った常識的な量であれば、基本的に副作用などを心配する必要はありません。しかし、普段とはホルモンの状態が著しく異なる妊娠・授乳期にはホルモンのバランスに影響を与える食品の摂取には注意する必要があります。特にサプリメントは吸収率が高いため、もしエクオールサプリメントを飲んでいる最中に妊娠が判明した場合や、授乳中にサプリメントを服用したいと考えた場合は、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。

2人に1人は作れないエクオール

エクオールは大豆イソフラボンを構成する成分である「ダイゼイン」「グリシテイン」「ゲニステイン」のうち、ダイゼインが腸内細菌の一種であるエクオール産生菌によって変換されて作られます。しかし、エクオール産生菌を持っているのは日本人全体のおよそ50%しかいません。しかし、これは世界的に見ると比較的高い割合で、欧米などではさらに少なく20~30%程度です。

エクオール産生菌を持てるかどうかは幼少期の食習慣などが大きく影響すると言われています。日本以外に中国・台湾・韓国といった国々でもエクオール産生菌を持つ人は多く、これは東アジアに大豆食の習慣があるからだと考えられています。自分がエクオール産生菌を持っているかどうか調べる方法としては、エクオール検査(ソイチェック)があります。

もしエクオール産生菌を持っていなかった場合、すでに腸内環境の出来あがった成人になってからエクオール産生菌を持つことは難しいですがサプリメントなどを使えば直接エクオールを体に取り入れることが出来ます。更年期障害に悩まされるようになったら、一度エクオール検査を行ってみて、その結果や自分の体質に合わせてサプリメントを活用すると、乗り越えやすくなるかもしれませんよ。

食品安全委員会 大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A

内閣府食品安全委員会事務局

エクオール検査(ソイチェック)でエクオール産生菌を検査!

スーパーイソフラボンと呼ばれ、更年期障害の症状を緩和してくれるエクオール。更年期障害に悩まされる女性にとっては、救世主とも言える存在です。しかし、体内でエクオールを作るための腸内細菌・エクオール産生菌を持っているのは日本人の半分しかいません。自分がエクオール産生菌を持っているのかどうか調べる方法についてご紹介します。

エクオール産生菌とエクオール

エクオールは体内に取り込まれた大豆イソフラボンが、エクオール産生菌という腸内細菌によって変換されて出来るもので、大豆イソフラボンよりもさらに高い効果が期待出来ます。逆に言うと、せっかく大豆イソフラボンを摂取しても、エクオール産生菌がいないと更年期障害の症状緩和に十分な効果を感じられないということになります。エクオールを持っている人と持っていない人の違いは一体何なのでしょうか。腸内に有する細菌の種類は、子供の頃からの食生活によって決まります。

日本人やその他の東アジアの地域ではエクオール産生菌を持つ人の割合が50%程度からそれ以上なのに対し、欧米では、20~30%、さらに日本人の中でも関西出身者や若い人の間では平均より数値が低くなるというデータがありますが、これは子供の頃から大豆食品を食べる習慣があったかどうかが影響していると考えられています。いずれにせよ、腸内に保有する細菌が確定した時点でエクオール産生菌を持っていない人が後からエクオール産生菌を持つことは基本的には不可能です。ただ、将来的に内臓や菌の研究が進めば、いずれ後天的にエクオール産生菌を腸内に住まわせることが出来るようになるかもしれません。

エクオール産生菌の有無を調べるエクオール検査(ソイチェック)

自分がエクオールが産生菌を持っているか知りたい時は、エクオール検査(ソイチェック)という検査をすれば調べることが出来ます。エクオール検査は病院でも出来ますし、ネット通販あるいは一部の薬局などで検査キットを購入すれば自宅でも行うことが出来ます。病院での検査の場合は保険適用外になるので注意が必要です。自宅での実施の場合、検査キットの値段は数千円ほどです。

検査の方法は、尿を採取してその尿の中にエクオールが含まれているかどうかを調べるというものです。エクオールは最終的に尿といっしょに排出されるため、尿の中にエクオールが含まれている=腸内にエクオール産生菌がいてエクオールを作っている、ということになえいます。検査の前にはエクオールの原料となるイソフラボン、つまり大豆食品を摂っておくとより結果が分かりやすくなります。

また、エクオールサプリメントを摂っている場合はもし尿からエクオールが検出されてもそれが体内で作られたものなのかサプリメントによるものなのか分からなくなってしまうので、3日以上服用を止めてから検査するようにしましょう。

エクオールが作れない時、大豆イソフラボンが摂れない時は

さて、もしエクオール検査をして自分がエクオール産生菌を持っていないことが分かったらどうすればよいのでしょう。エクオール産生菌がいなければ、いくら大豆食品から大豆イソフラボンを摂ってもエクオールを作ることは出来ませんよね。

でも、がっかりする必要はありません。エクオールが体内で作れなければ、外部から取り込めばよいのです。エクオールサプリメントを飲めば、エクオール産生菌を持たない人でも直接エクオールを摂取し、その恩恵にあずかることが出来るのです。また、エクオールは長期間体に溜めておくことが出来ず尿といっしょに排出されてしまうため、毎日大豆イソフラボン、つまり大豆食品を補給して新たにエクオールを作る必要があります。

しかし、エクオール産生菌を持っていても、大豆食品が苦手だったり自炊する時間がとれないなどの理由で大豆食品を毎日食べるのは難しい場合があるかもしれません。そんな時はやはりサプリメントが役に立ちます。ただし、アレルギーがあって大豆食品を食べることが出来ないという人は、サプリメントの服用も避けた方が無難です。エクオールサプリメントも原料に大豆を含んでいるため、アレルギー症状が出るおそれがあるからです。

エクオールの1日あたりの摂取目安量

臨床試験では、一日10㎎のエクオールを摂取すると更年期障害の症状緩和に効果があるという結果が出ています。エクオールを10㎎作るには、50㎎の大豆イソフラボンが必要です。大豆イソフラボン50㎎を食品から摂ろうとすると、豆腐200g(1丁のおよそ2/3)、納豆50g(1パック程度)、豆乳200mlが必要です。

特別多いわけではないので一見簡単にクリア出来そうですが、毎日続けるとなると意外と難しいものです。そのため、エクオール産生菌を持っているからといって安心せず、サプリメントをうまく活用して体内のエクオールを切らさないようにしましょう。また、サプリメントにはエクオールだけでなくエクオールの効果をさらに高めるラクトビオン酸や、ビール酵母、ギャバといったその他の健康成分も含まれているものがあり、より効率的、効果的というメリットもあります。

独立行政法人国立健康・栄養研究所「エクオールの有意性」(外部サイト)

腸内細菌と腸内フローラがエクオールに大きく影響する理由

更年期障害とは、閉経前後の45~55歳(更年期)の頃に女性ホルモンの一種であるエストロゲンが急激に減少することによって脳が混乱したり自律神経が乱れて起きる、心身の不調の総称のことです。これまで更年期障害対策には大豆食品に含まれる大豆イソフラボンがよいと言われていました。しかし、近年の研究で、この大豆イソフラボンが変換されて産生された物質の方がより高い効果を発揮することが分かってきています。

更年期を克服するために必要な成分とは

大豆食品に含まれる大豆イソフラボンがエストロゲンと似た構造と働きを持つことは以前から知られており、これまで大豆イソフラボンを摂取すると更年期障害の症状が軽減すると言われていました。しかし、同時に大豆イソフラボンの効果は個人差が大きいことも知られていました。大豆イソフラボンが効く人と効かない人の違いは、一体何なのでしょうか。

大豆イソフラボンとエクオール

大豆イソフラボンの効果の違いは、大豆イソフラボンをより効果が高くスーパー大豆イソフラボンとも呼ばれる物質「エクオール」に変換出来るかどうかの違いです。大豆イソフラボンはゲニステイン、ダイゼイン、グリシテインという成分の総称で、この中のダイゼインが腸内にあるエクオール産生菌によって、エクオールに変換されます。

エクオールは更年期障害の症状を緩和するだけでなく、カルシウムの吸収効率を向上させて骨粗しょう症のリスクを減らす、生理前症候群(PMS)の症状の緩和、美肌効果など女性には嬉しい効果が多数あり、また女性だけでなく男性でも一部で前立腺がんリスクが減るというデータがあります。

2人に1人しか作れないエクオール

エクオールを作り出すために必要なエクオール産生菌ですが、実はエクオール産生菌を持っているのは日本人の50パーセント程度です。毎日積極的に大豆食品を食べているのに一向に更年期障害の症状が軽減しないという人は、もしかすると腸内にエクオール産生菌がいないのが原因かもしれません。自分がエクオール産生菌を持っているかどうかは、ネットなどで購入可能なエクオール検査(ソイチェック)キットで簡単に調べることが出来ます。

もし自分がエクオール産生菌を持っていないことが分かったらどうすればよいのでしょう?そんな時は、エクオールサプリメントがあります。サプリメントなら腸内にエクオール産生菌がいなくても、エクオールを直接、効率的に体内に取り込むことが出来ます。

話題の腸内フローラとは

一人の人間の腸内には、数百~多い場合は数千種類、その数600兆個もの腸内細菌が存在すると言われています。エクオールを作るエクオール産生菌は、その中のたった一つでしかありません。腸内の細菌は、乳酸菌などに代表される腸の調子を整える「善玉菌」と健康を害する大腸菌などの「悪玉菌」そして、環境によって善玉菌と悪玉菌のどちらにも変化する「日和見菌」に分けられます。

これらの細菌は種類ごとにグループを形成して腸内に住んでいます。この様子を顕微鏡で見るとまるで花畑(flora)のように見えることから「腸内フローラ」と呼びます。腸内フローラは、善玉菌:悪玉菌:日和見菌が2:1:7になっているのが理想的な割合ですが、食生活や年齢、病気やストレスの有無などの外的要因によって日々変化しています。腸内フローラの状態がよくないと、せっかく健康成分を摂取してもうまく体内に吸収されないことがあります。

大豆イソフラボンの吸収

一口に大豆イソフラボンといっても、実はその中には分子が大きく吸収されにくいグリコシド型大豆イソフラボンと、分子が小さく吸収しやすいアグリコン型大豆イソフラボンの2種類があります。納豆や豆腐といった一般的な大豆食品に含まれている大豆イソフラボンのほとんどは吸収されにくいグリコシド型大豆イソフラボンで、吸収しやすいアグリコン型大豆イソフラボンは味噌や醤油などに多く含まれています。

しかし、味噌や醤油を大量に摂れば塩分過多になりかえって健康を害してしまう可能性があります。腸内環境がよく、善玉菌が元気に働いていれば、アグリコン型大豆イソフラボンでもしっかり分解、吸収することが出来ます。摂取した更年期障害対策成分をちゃんと体内に吸収し、効果を発揮させるためには、腸内フローラを正常な状態に保つことも忘れないようにしましょう。

厚労省「腸内細菌と健康」(外部サイト)

厚労省「大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A」(外部サイト)

エクオール産生をサポートするラクトビオン酸とは

更年期障害の症状を緩和してくれる成分・エクオール。エクオールは大豆食品に含まれる大豆イソフラボンが腸内細菌の力で変換されることによって生まれます。最近の研究で、ラクトビオン酸と呼ばれるオリゴ糖の一種を同時に摂取することで、大豆イソフラボンのエクオールへの変換効率を向上させる効果があることが分かってきました。

ラクトビオン酸とは

ラクトビオン酸は、日本でも2000年代後半頃からブームになった「カスピ海ヨーグルト」に含まれる酸性オリゴ糖の一種で、ラクトース(乳糖)が酢酸菌によって酸化することによって作られます。カスピ海ヨーグルトとはカスピ海と黒海に挟まれた旧ソ連南部のコーカサス地方で食べられているヨーグルトで、独特の粘り気があるのが特徴です。コーカサス地方の人々は長寿で知られており、その長寿と健康の秘訣がカスピ海ヨーグルトであると言われています。

ラクトビオン酸の健康効果

ラクトビオン酸の主な効果は3つあります。まず、腸内環境を整える効果。オリゴ糖には消化性のものと難消化性のものとがありますが、ラクトビオン酸は難消化性オリゴ糖の一つで、その名の通り胃で消化吸収されずに腸まで届いて腸内の善玉菌のエサとなり、腸内環境を整える手助けをしてくれます。次に、骨粗しょう症の予防効果。ラクトビオン酸はカルシウムを水に溶けやすくし、吸収しやすくして骨密度をアップさせてくれます。

更年期以降、特に閉経後の女性は急激に骨が脆くなり骨粗しょう症リスクが高まるためカルシウムの補給が欠かせません。カルシウムの吸収効率アップは非常に嬉しい効果と言えるのではないでしょうか。そして最後にエクオールの生成を促進する効果。エストロゲンと似た働きを持ち、更年期障害の症状を緩和させる成分であるエクオールは、大豆食品に含まれる大豆イソフラボンが腸内細菌の一種であるエクオール産生菌によって変換されることで作られます。ラクトビオン酸は大豆イソフラボンからエクオールへの変換を促進し、より効果を高めてくれます。

エクオールを作れるのは日本人の半分だけ

大豆イソフラボンからエクオールを作りだしてくれるエクオール産生菌。しかし、日本人でエクオール産生菌を持っているのは、全体の50%程度です。自分がエクオール産生菌を持っているかどうかは、エクオール検査(ソイチェック)をすれば分かります。検査用のキットはネット通販などで数千円程度で比較的簡単に購入することが出来ます。エクオール産生菌が腸内にある場合は大豆食品を摂取することによってエクオールを作ることが出来ますが、その産生効率は個人個人の腸内環境などによって大きく左右されます。

そのため、エクオール産生菌を持っているからといって安心せずに、より効率よいエクオールへの変換のために、ラクトビオン酸を摂るようにした方がよいでしょう。また、そもそもエクオール産生菌を持っていない人は、サプリメントなどでエクオールを体に取り入れる必要があります。その際のサプリメント選びにも、やはりラクトビオン酸の存在が重要になってきます。せっかくエクオールを摂るならエクオールがより効果を発揮しやすくなるように、ラクトビオン酸も配合されたものを選ぶのがおすすめです。

ラクトビオン酸はエクオールの効果を高めるだけでなく、カルシウムの吸収を助ける働きもあるため、更年期以降の骨粗しょう症リスクを軽減するのに役立ちます。日常生活に支障をきたすこともあるつらい更年期障害の症状。サプリメントを上手に活用して、少しでも楽に乗りきれるとよいですね。

ユニチカ株式会社『乳糖を原料とした新規機能性オリゴ糖「ラクトビオン酸」の開発』(外部サイト)

40歳を過ぎて身体の異変を感じたら…更年期障害のセルフチェックを実施しましょう。

中年に差し掛かったの女性の多くを悩ませる「更年期障害」。更年期とは、45~55歳頃の閉経前後の10年間のことを指し、この時期に女性ホルモンの急激な減少によって起こる様々な心身の不調をまとめて更年期障害と呼びます。女性ホルモンは脳の下垂体から命令を受けて分泌されており、下垂体は自律神経を制御する視床下部と非常に近いところにあります。

そのため下垂体が命令しても女性ホルモンが分泌されなくなると脳が混乱を起こし、その影響で自律神経も乱れて更年期障害の症状を引き起こしてしまうのです。40代を過ぎて、急に今までにはない不調を感じるようになったら、それは更年期障害の症状かもしれません。代表的な症状を以下に挙げますので、「もしかして?」と思ったらセルフチェックをしてみましょう。

更年期障害の主な症状

更年期障害の症状や程度は人によって様々ですが、特に代表的な症状として、身体的なものでは、突然体のほてりやのぼせを感じたり汗が止まらなくなったりする、肩こりや頭痛、動悸や息切れをしやすい、体の冷え、手足のむくみなどがあります。

精神的な症状には、常にいらいらしていて怒りっぽくなる、倦怠感があり、家事や仕事に十分に取り組めない、わけもなく気分が落ち込んだり情緒不安定になる、といったものがあります。こうした症状に心当たりがある場合は、更年期障害かもしれません。

更年期障害を代表する症状、ホットフラッシュ

更年期障害の症状の中で最もよく聞かれるのが「ホットフラッシュ」とも呼ばれる突然の体のほてりです。理由もないのに急に暑くなり、場合によっては汗が噴き出してくるほどになることもあります。また、体はほてるが手や足などの末端だけは冷えているという人もいます。

また、40代~50代は子供の独立や親の介護など生活環境が大きく変わることも多く、こうしたストレスにさらされると、動悸や息切れなどの症状が強く表れることもあります。40代を過ぎてこうした症状を感じるようになったら、まず更年期障害を疑いましょう。

自律神経の乱れがストレスを増幅させる

更年期障害は、女性ホルモンの減少の影響を受けて自律神経が乱れることによって起こるのは前述した通りです。自律神経が正常に働かなくなると、不眠や精神不安定などの症状が起き、それがさらに他の症状に影響を及ぼすこともあります。更年期には、寝つきが悪くなったり眠りが浅くなって朝まで続けて寝られないといった睡眠障害が起こることがあります。

こうした症状のせいで睡眠不足が続くと、疲労感、倦怠感、やる気が起きず家事や仕事に取り組めないなど、日常生活に支障が出るような症状にも繋がり、ストレスの原因となります。自律神経の乱れは、感情もコントロールしづらくしてしまいます。更年期の女性がいらいらしやすくなったり、以前は気にならなかったようなことでも腹が立ってヒステリックに怒るようになるのも自律神経の乱れによるものです。

家族に当たり散らしてしまった後の後悔や落ち込みでストレスが溜まると、それがさらに更年期障害を悪化させる悪循環になることもあるので注意が必要です。なお、睡眠障害についてはのぼせ・ほてりといった身体的な症状とも密接な関係があり、のぼせの症状が重いと睡眠障害も深刻になり、逆に睡眠障害が改善するとのぼせも軽くなる傾向があるようです。

更年期に対抗する食生活>

更年期障害の症状を少しでも軽くするためには、生活習慣の見直しも有効です。特に食事は毎日欠かさず摂るものなので、食生活は生活習慣の中でもかなり重要な位置を占めています。それでは具体的にどのような点に留意した食事を摂ればよいのでしょうか。更年期障害は女性ホルモンの減少によって起きるので、食事から女性ホルモンを補給する必要があります。女性ホルモンを補える代表的な食材は大豆です。

大豆に含まれる大豆イソフラボンが女性によいという話を聞いたことがある人や、実際に効果を期待して豆腐や納豆、豆乳を摂るようにしたという人も多いのではないでしょうか。これは、大豆イソフラボンが女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似た構造と働きを持っているからです。しかし、大豆イソフラボンを摂取しても効果を感じられないこともあります。

大豆イソフラボンが十分に効果を発揮するには、腸内細菌によって別名スーパーイソフラボンとも呼ばれる「エクオール」という物質に変換される必要があるのですが、エクオールを作れる腸内細菌を持っているのは、日本人の2人に1人しかいないためです。

エクオール産生菌がいなくてもエクオールを摂取する方法

エクオールは、大豆イソフラボンを構成する成分の一つであるダイゼインがエクオール産生菌という腸内細菌によって変換されて作られます。しかし、エクオール産生菌を持っているのは日本人の50%ほどしかいません。自分がエクオール産生菌を持っているかどうかは、エクオール検査(ソイチェック)という方法で調べることが出来ます。では、もし自分がエクオール産生菌を持っていないことが分かった場合はどうすればよいのでしょう。

それぞれの人が持つ腸内細菌の種類は幼少期の食習慣などによって決定されるため、今エクオール産生菌を持っていない人がこれから持つようになることは不可能です。ですが、自分の体内で作れないのなら外から補給すればよいのです。エクオールサプリメントを飲めば、直接エクオールを摂取することが出来ます。また、サプリメントにはエクオールだけでなくエクオールの効果を高めるラクトビオン酸やその他の栄養成分もいっしょに摂れるものがあり、非常に効率的です。エクオールを作れる人でも、毎日大豆食品を食べるのは大変という時にはサプリメントが手元にあればいつでもさっと摂れて便利です。

厚労省「大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A」(外部サイト)

Top