更年期障害にオススメ!エクオールの効果効能まとめ

女性ホルモンに似た構造と働きを持つ大豆イソフラボンから作られ、大豆イソフラボンよりさらに高い効果を発揮する「スーパーイソフラボン」ことエクオール。そんなエクオールにの女性に嬉しい様々な効果をまとめました。

更年期障害の症状の緩和

更年期障害とは、閉経前後の45~55歳頃(更年期)の女性に起こる様々な心身の不調の総称です。更年期障害は、加齢によって女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が減少し、ホルモンのバランスが崩れることで脳が混乱したり自律神経が乱れて引き起こされます。

更年期障害の特に代表的な症状としてよく言われるのがホットフラッシュと呼ばれる体のほてりや肩こりの悪化ですが、エクオールはこのホットフラッシュや体のこりを和らげてくれます。

骨粗しょう症の予防

エストロゲンが減少すると、古い骨を壊す細胞と新しい骨を作る細胞のバランスがとれなくなり、骨密度が低下します。骨密度が著しく低下して骨がスカスカになってしまった状態が、骨粗しょう症です。

よく「高齢の女性は骨粗しょう症に注意」と言われますが、高齢の女性の骨粗しょう症リスクが高いのは、閉経を境にエストロゲンが急激に減少してしまうからです。仮に体内で分泌されるエストロゲンが減少しても、エクオールを摂取していればエクオールがエストロゲンの代わりに働き、骨密度の低下を防いでくれます。

美肌効果

女性ホルモンには、肌の水分を保持し、コラーゲンやエラスチンといった肌のハリや弾力を維持する成分を作る働きもあります。しかし、エストロゲンが減少するとこうした働きも弱まり、乾燥したシワ肌、たるみ肌になってしまいます。エクオールを摂って減少したエストロゲンの働きを補えば、肌を若返らせることが出来ます。

エクオールの原料は大豆イソフラボン

エクオールは、大豆イソフラボンが腸内細菌の一種であるエクオール産生菌によって変換されて作られます。大豆イソフラボンには「ダイゼイン」「グリシテイン」「ゲニステイン」という成分が含まれていますが、このうちのダイゼインがエクオールの原料になります。しかし、エクオール産生菌は誰もが持っているわけではありません。日本人でエクオール産生菌を持つのは全体の約50%とされています。自分がエクオール産生菌を持っているかどうかは、エクオール検査(ソイチェック)で調べることが出来ます。

エクオール検査を実施している病院はもちろん、ネット通販などで購入出来るキットを使って自宅で検査を行うことも可能です。具体的な方法は尿検査です。体内で作られたエクオールは最終的に尿といっしょに排出されるため、尿の中にエクオールが含まれていれば、腸内にエクオール産生菌がいるということになります。もしエクオール産生菌を持っていないことが分かった場合でも、サプリメントを利用すればエクオールを直接取り入れることが出来ます。

参考資料:「第2期中期計画暫定評価シート 説明用資料」7ページ

参考サイト: 閉経後女性の肌老化におけるnatural S-equol摂取の影響:無作為化プラセボ対照パイロット試験

Top