エクオール検査(ソイチェック)でエクオール産生菌を検査!

スーパーイソフラボンと呼ばれ、更年期障害の症状を緩和してくれるエクオール。更年期障害に悩まされる女性にとっては、救世主とも言える存在です。しかし、体内でエクオールを作るための腸内細菌・エクオール産生菌を持っているのは日本人の半分しかいません。自分がエクオール産生菌を持っているのかどうか調べる方法についてご紹介します。

エクオール産生菌とエクオール

エクオールは体内に取り込まれた大豆イソフラボンが、エクオール産生菌という腸内細菌によって変換されて出来るもので、大豆イソフラボンよりもさらに高い効果が期待出来ます。逆に言うと、せっかく大豆イソフラボンを摂取しても、エクオール産生菌がいないと更年期障害の症状緩和に十分な効果を感じられないということになります。エクオールを持っている人と持っていない人の違いは一体何なのでしょうか。腸内に有する細菌の種類は、子供の頃からの食生活によって決まります。

日本人やその他の東アジアの地域ではエクオール産生菌を持つ人の割合が50%程度からそれ以上なのに対し、欧米では、20~30%、さらに日本人の中でも関西出身者や若い人の間では平均より数値が低くなるというデータがありますが、これは子供の頃から大豆食品を食べる習慣があったかどうかが影響していると考えられています。いずれにせよ、腸内に保有する細菌が確定した時点でエクオール産生菌を持っていない人が後からエクオール産生菌を持つことは基本的には不可能です。ただ、将来的に内臓や菌の研究が進めば、いずれ後天的にエクオール産生菌を腸内に住まわせることが出来るようになるかもしれません。

エクオール産生菌の有無を調べるエクオール検査(ソイチェック)

自分がエクオールが産生菌を持っているか知りたい時は、エクオール検査(ソイチェック)という検査をすれば調べることが出来ます。エクオール検査は病院でも出来ますし、ネット通販あるいは一部の薬局などで検査キットを購入すれば自宅でも行うことが出来ます。病院での検査の場合は保険適用外になるので注意が必要です。自宅での実施の場合、検査キットの値段は数千円ほどです。

検査の方法は、尿を採取してその尿の中にエクオールが含まれているかどうかを調べるというものです。エクオールは最終的に尿といっしょに排出されるため、尿の中にエクオールが含まれている=腸内にエクオール産生菌がいてエクオールを作っている、ということになえいます。検査の前にはエクオールの原料となるイソフラボン、つまり大豆食品を摂っておくとより結果が分かりやすくなります。

また、エクオールサプリメントを摂っている場合はもし尿からエクオールが検出されてもそれが体内で作られたものなのかサプリメントによるものなのか分からなくなってしまうので、3日以上服用を止めてから検査するようにしましょう。

エクオールが作れない時、大豆イソフラボンが摂れない時は

さて、もしエクオール検査をして自分がエクオール産生菌を持っていないことが分かったらどうすればよいのでしょう。エクオール産生菌がいなければ、いくら大豆食品から大豆イソフラボンを摂ってもエクオールを作ることは出来ませんよね。

でも、がっかりする必要はありません。エクオールが体内で作れなければ、外部から取り込めばよいのです。エクオールサプリメントを飲めば、エクオール産生菌を持たない人でも直接エクオールを摂取し、その恩恵にあずかることが出来るのです。また、エクオールは長期間体に溜めておくことが出来ず尿といっしょに排出されてしまうため、毎日大豆イソフラボン、つまり大豆食品を補給して新たにエクオールを作る必要があります。

しかし、エクオール産生菌を持っていても、大豆食品が苦手だったり自炊する時間がとれないなどの理由で大豆食品を毎日食べるのは難しい場合があるかもしれません。そんな時はやはりサプリメントが役に立ちます。ただし、アレルギーがあって大豆食品を食べることが出来ないという人は、サプリメントの服用も避けた方が無難です。エクオールサプリメントも原料に大豆を含んでいるため、アレルギー症状が出るおそれがあるからです。

エクオールの1日あたりの摂取目安量

臨床試験では、一日10㎎のエクオールを摂取すると更年期障害の症状緩和に効果があるという結果が出ています。エクオールを10㎎作るには、50㎎の大豆イソフラボンが必要です。大豆イソフラボン50㎎を食品から摂ろうとすると、豆腐200g(1丁のおよそ2/3)、納豆50g(1パック程度)、豆乳200mlが必要です。

特別多いわけではないので一見簡単にクリア出来そうですが、毎日続けるとなると意外と難しいものです。そのため、エクオール産生菌を持っているからといって安心せず、サプリメントをうまく活用して体内のエクオールを切らさないようにしましょう。また、サプリメントにはエクオールだけでなくエクオールの効果をさらに高めるラクトビオン酸や、ビール酵母、ギャバといったその他の健康成分も含まれているものがあり、より効率的、効果的というメリットもあります。

独立行政法人国立健康・栄養研究所「エクオールの有意性」(外部サイト)

Top