40歳を過ぎて身体の異変を感じたら…更年期障害のセルフチェックを実施しましょう。

中年に差し掛かったの女性の多くを悩ませる「更年期障害」。更年期とは、45~55歳頃の閉経前後の10年間のことを指し、この時期に女性ホルモンの急激な減少によって起こる様々な心身の不調をまとめて更年期障害と呼びます。女性ホルモンは脳の下垂体から命令を受けて分泌されており、下垂体は自律神経を制御する視床下部と非常に近いところにあります。

そのため下垂体が命令しても女性ホルモンが分泌されなくなると脳が混乱を起こし、その影響で自律神経も乱れて更年期障害の症状を引き起こしてしまうのです。40代を過ぎて、急に今までにはない不調を感じるようになったら、それは更年期障害の症状かもしれません。代表的な症状を以下に挙げますので、「もしかして?」と思ったらセルフチェックをしてみましょう。

更年期障害の主な症状

更年期障害の症状や程度は人によって様々ですが、特に代表的な症状として、身体的なものでは、突然体のほてりやのぼせを感じたり汗が止まらなくなったりする、肩こりや頭痛、動悸や息切れをしやすい、体の冷え、手足のむくみなどがあります。

精神的な症状には、常にいらいらしていて怒りっぽくなる、倦怠感があり、家事や仕事に十分に取り組めない、わけもなく気分が落ち込んだり情緒不安定になる、といったものがあります。こうした症状に心当たりがある場合は、更年期障害かもしれません。

更年期障害を代表する症状、ホットフラッシュ

更年期障害の症状の中で最もよく聞かれるのが「ホットフラッシュ」とも呼ばれる突然の体のほてりです。理由もないのに急に暑くなり、場合によっては汗が噴き出してくるほどになることもあります。また、体はほてるが手や足などの末端だけは冷えているという人もいます。

また、40代~50代は子供の独立や親の介護など生活環境が大きく変わることも多く、こうしたストレスにさらされると、動悸や息切れなどの症状が強く表れることもあります。40代を過ぎてこうした症状を感じるようになったら、まず更年期障害を疑いましょう。

自律神経の乱れがストレスを増幅させる

更年期障害は、女性ホルモンの減少の影響を受けて自律神経が乱れることによって起こるのは前述した通りです。自律神経が正常に働かなくなると、不眠や精神不安定などの症状が起き、それがさらに他の症状に影響を及ぼすこともあります。更年期には、寝つきが悪くなったり眠りが浅くなって朝まで続けて寝られないといった睡眠障害が起こることがあります。

こうした症状のせいで睡眠不足が続くと、疲労感、倦怠感、やる気が起きず家事や仕事に取り組めないなど、日常生活に支障が出るような症状にも繋がり、ストレスの原因となります。自律神経の乱れは、感情もコントロールしづらくしてしまいます。更年期の女性がいらいらしやすくなったり、以前は気にならなかったようなことでも腹が立ってヒステリックに怒るようになるのも自律神経の乱れによるものです。

家族に当たり散らしてしまった後の後悔や落ち込みでストレスが溜まると、それがさらに更年期障害を悪化させる悪循環になることもあるので注意が必要です。なお、睡眠障害についてはのぼせ・ほてりといった身体的な症状とも密接な関係があり、のぼせの症状が重いと睡眠障害も深刻になり、逆に睡眠障害が改善するとのぼせも軽くなる傾向があるようです。

更年期に対抗する食生活>

更年期障害の症状を少しでも軽くするためには、生活習慣の見直しも有効です。特に食事は毎日欠かさず摂るものなので、食生活は生活習慣の中でもかなり重要な位置を占めています。それでは具体的にどのような点に留意した食事を摂ればよいのでしょうか。更年期障害は女性ホルモンの減少によって起きるので、食事から女性ホルモンを補給する必要があります。女性ホルモンを補える代表的な食材は大豆です。

大豆に含まれる大豆イソフラボンが女性によいという話を聞いたことがある人や、実際に効果を期待して豆腐や納豆、豆乳を摂るようにしたという人も多いのではないでしょうか。これは、大豆イソフラボンが女性ホルモンの一種であるエストロゲンに似た構造と働きを持っているからです。しかし、大豆イソフラボンを摂取しても効果を感じられないこともあります。

大豆イソフラボンが十分に効果を発揮するには、腸内細菌によって別名スーパーイソフラボンとも呼ばれる「エクオール」という物質に変換される必要があるのですが、エクオールを作れる腸内細菌を持っているのは、日本人の2人に1人しかいないためです。

エクオール産生菌がいなくてもエクオールを摂取する方法

エクオールは、大豆イソフラボンを構成する成分の一つであるダイゼインがエクオール産生菌という腸内細菌によって変換されて作られます。しかし、エクオール産生菌を持っているのは日本人の50%ほどしかいません。自分がエクオール産生菌を持っているかどうかは、エクオール検査(ソイチェック)という方法で調べることが出来ます。では、もし自分がエクオール産生菌を持っていないことが分かった場合はどうすればよいのでしょう。

それぞれの人が持つ腸内細菌の種類は幼少期の食習慣などによって決定されるため、今エクオール産生菌を持っていない人がこれから持つようになることは不可能です。ですが、自分の体内で作れないのなら外から補給すればよいのです。エクオールサプリメントを飲めば、直接エクオールを摂取することが出来ます。また、サプリメントにはエクオールだけでなくエクオールの効果を高めるラクトビオン酸やその他の栄養成分もいっしょに摂れるものがあり、非常に効率的です。エクオールを作れる人でも、毎日大豆食品を食べるのは大変という時にはサプリメントが手元にあればいつでもさっと摂れて便利です。

厚労省「大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A」(外部サイト)

Top