更年期障害の原因と症状

知っておきたい更年期障害の原因と症状

更年期障害とは、閉経の前後にホルモンバランスが乱れることによって起きる体の不調で、代表的な症状としてのぼせ、ほてり、異常な発汗、情緒不安定などが挙げられます。女性なら誰にでも起こりうることですが、せめて出来るだけ軽い症状で済ませるためにはどうすればよいのでしょう。

更年期障害が起こる原因

更年期とは、閉経の前後の約10年間、45~55歳くらいまでのことを指します。そして、更年期にホルモンの乱れによって起こる様々な不調を更年期障害と呼びます。閉経前の40代半ば頃になると卵巣の機能が低下して、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が急激に減少します。

エストロゲンの分泌は脳の下垂体という部分がコントロールしていますが、この時期いくら下垂体がいくらエストロゲンを分泌するよう体に信号を出しても十分なエストロゲンが分泌されません。すると脳が混乱し、この混乱が原因で様々な体の不調が起こります。これが更年期障害と呼ばれるものです。

更年期障害の主な症状

更年期障害の症状は身体的なものから精神的なものまで多岐にわたりますが、人によって表れる症状の種類や程度には個人差があり、またストレスの多い人ほど症状が重くなる傾向があると言われています。

血管運動神経系

エストロゲン分泌の信号を出している脳下垂体は脳の視床下部という部分にあり、視床下部には血管の収縮や体の様々な器官の活動を調整する自律神経をコントロールする働きもあります。

そのためエストロゲンが分泌されなくなったことによって脳が混乱すると視床下部が影響を受け、自律神経も乱れます。自律神経が乱れると、ホットフラッシュと呼ばれる体のほてりやのぼせ、異常な発汗、あるいは逆に冷え性といった症状が表れます。

精神神経系

精神神経系の代表的な症状は幅広く、頭痛やめまい、うつ状態、不眠、判断力が低下したり物忘れが多くなったりする、いらいらして怒りっぽくなる、などです。それまで元気でよく動く人だったのが、急に体調を崩して寝たり起きたりを繰り返すようになった、穏やかな性格だった人がヒステリックになった…など、更年期にはよく聞かれる話です。

こうした症状は、血管運動神経系と同様にの自律神経の不調によるものに加えて、40代半ば~という年齢は子供の成長などによる生活の変化、親の介護などによる家族間の問題や仕事では責任ある立場になるなどストレスが増えることが多いのも影響しています。

運動器官系

エストロゲンが減少するとカルシウムが減少したり血液の循環が悪くなって酸素や栄養が不足し、肩こりや腰痛などの症状が起きやすくなります。また、倦怠感や疲労感を感じやすくなるのも運動器官系の症状です。

生殖器系

不正出血や生理不順などの症状が代表的です。また外性器や膣の粘膜が乾燥しやすくなり、痒みが出たり性交痛を感じる、性交時に出血するといったトラブルが起きることもあります。

更年期の症状を緩和するには

女性ホルモンによく似た構造と働きの成分としてよく知られているのが、大豆食品に含まれる大豆イソフラボンです。豆乳飲料や大豆イソフラボンを配合した化粧品などが一時期大ブームを巻き起こし、今ではすっかり女性の味方として定着しているのは記憶に新しいですね。

近年の研究で、大豆イソフラボンが腸内細菌によってより効果の高いエクオールという物質に変換され、これがエストロゲンと似た作用を持ち、更年期障害を緩和する効果があることが分かってきました。しかし、大豆イソフラボンをエクオールに変換するには腸内にエクオール産生菌を持っている必要があります。実はこのエクオール産生菌を持っているのは、日本人の50%程度しかいません。

そのため、更年期障害対策として大豆イソフラボンを摂っても必ずしもエクオールに変換出来ているとは限りません。更年期障害の緩和を目的とするなら、サプリメントなどで確実にエクオールを摂取するのがおすすめです。

エクオール検査(ソイチェック)とは

腸内にエクオール産生菌を持っているのは日本人の約50%。つまり、残りの50パーセントは大豆イソフラボンを摂ってもエクオールを作り出すことが出来ません。自分がエクオール産生菌を持っているかどうかを調べるには、エクオール検査(ソイチェック)という方法があります。

ネットなどで自宅で簡単に検査出来るキットが買えるので、エクオール検査をしてみたい場合は購入を検討してもよいかもしれません。

エクオール産生菌を持っている人と持っていない人の違い

エクオール産生菌を持っているか持っていないかの違いの原因の一つは、食生活とそれによる腸内環境の違いであると考えられています。日本人でエクオール産生菌を持っている人の割合は約50%というのは前述したとおりですが、欧米では20~30%程度と日本人より低い値になっており、逆に中国や台湾、韓国などでは日本と同程度かそれ以上の割合になっています。

これは、その国に大豆を食べる習慣があるかどうかが大きく影響しており、日本でも納豆嫌いが多いことで知られる関西では他の地域に比べてエクオール産生菌の保有者が少ないというデータもあります。また、食生活の欧米化が進んだ若い世代も保有者が少なくなっています。つまり体内のエクオール産生菌を増やすには、大豆食品を積極的に食べるのが最も手っ取り早い方法なのです。

しかし、そもそもエクオール産生菌を持っていなかったり、アレルギーなどの事情があって大豆食品が摂れない、あるいは食事よりもっと手軽に効率的にエクオールを直接補給したいという場合は、サプリメントを活用するという方法もあります。

更年期障害

Top