腸内細菌と腸内フローラがエクオールに大きく影響する理由

更年期障害とは、閉経前後の45~55歳(更年期)の頃に女性ホルモンの一種であるエストロゲンが急激に減少することによって脳が混乱したり自律神経が乱れて起きる、心身の不調の総称のことです。これまで更年期障害対策には大豆食品に含まれる大豆イソフラボンがよいと言われていました。しかし、近年の研究で、この大豆イソフラボンが変換されて産生された物質の方がより高い効果を発揮することが分かってきています。

更年期を克服するために必要な成分とは

大豆食品に含まれる大豆イソフラボンがエストロゲンと似た構造と働きを持つことは以前から知られており、これまで大豆イソフラボンを摂取すると更年期障害の症状が軽減すると言われていました。しかし、同時に大豆イソフラボンの効果は個人差が大きいことも知られていました。大豆イソフラボンが効く人と効かない人の違いは、一体何なのでしょうか。

大豆イソフラボンとエクオール

大豆イソフラボンの効果の違いは、大豆イソフラボンをより効果が高くスーパー大豆イソフラボンとも呼ばれる物質「エクオール」に変換出来るかどうかの違いです。大豆イソフラボンはゲニステイン、ダイゼイン、グリシテインという成分の総称で、この中のダイゼインが腸内にあるエクオール産生菌によって、エクオールに変換されます。

エクオールは更年期障害の症状を緩和するだけでなく、カルシウムの吸収効率を向上させて骨粗しょう症のリスクを減らす、生理前症候群(PMS)の症状の緩和、美肌効果など女性には嬉しい効果が多数あり、また女性だけでなく男性でも一部で前立腺がんリスクが減るというデータがあります。

2人に1人しか作れないエクオール

エクオールを作り出すために必要なエクオール産生菌ですが、実はエクオール産生菌を持っているのは日本人の50パーセント程度です。毎日積極的に大豆食品を食べているのに一向に更年期障害の症状が軽減しないという人は、もしかすると腸内にエクオール産生菌がいないのが原因かもしれません。自分がエクオール産生菌を持っているかどうかは、ネットなどで購入可能なエクオール検査(ソイチェック)キットで簡単に調べることが出来ます。

もし自分がエクオール産生菌を持っていないことが分かったらどうすればよいのでしょう?そんな時は、エクオールサプリメントがあります。サプリメントなら腸内にエクオール産生菌がいなくても、エクオールを直接、効率的に体内に取り込むことが出来ます。

話題の腸内フローラとは

一人の人間の腸内には、数百~多い場合は数千種類、その数600兆個もの腸内細菌が存在すると言われています。エクオールを作るエクオール産生菌は、その中のたった一つでしかありません。腸内の細菌は、乳酸菌などに代表される腸の調子を整える「善玉菌」と健康を害する大腸菌などの「悪玉菌」そして、環境によって善玉菌と悪玉菌のどちらにも変化する「日和見菌」に分けられます。

これらの細菌は種類ごとにグループを形成して腸内に住んでいます。この様子を顕微鏡で見るとまるで花畑(flora)のように見えることから「腸内フローラ」と呼びます。腸内フローラは、善玉菌:悪玉菌:日和見菌が2:1:7になっているのが理想的な割合ですが、食生活や年齢、病気やストレスの有無などの外的要因によって日々変化しています。腸内フローラの状態がよくないと、せっかく健康成分を摂取してもうまく体内に吸収されないことがあります。

大豆イソフラボンの吸収

一口に大豆イソフラボンといっても、実はその中には分子が大きく吸収されにくいグリコシド型大豆イソフラボンと、分子が小さく吸収しやすいアグリコン型大豆イソフラボンの2種類があります。納豆や豆腐といった一般的な大豆食品に含まれている大豆イソフラボンのほとんどは吸収されにくいグリコシド型大豆イソフラボンで、吸収しやすいアグリコン型大豆イソフラボンは味噌や醤油などに多く含まれています。

しかし、味噌や醤油を大量に摂れば塩分過多になりかえって健康を害してしまう可能性があります。腸内環境がよく、善玉菌が元気に働いていれば、アグリコン型大豆イソフラボンでもしっかり分解、吸収することが出来ます。摂取した更年期障害対策成分をちゃんと体内に吸収し、効果を発揮させるためには、腸内フローラを正常な状態に保つことも忘れないようにしましょう。

厚労省「腸内細菌と健康」(外部サイト)

厚労省「大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A」(外部サイト)

Top